もうひとつの Book Fair - 福本浩子

福本浩子

美術家・福本浩子さんが制作した「発禁書」を主題としたインスタレーション作品に関連して、「発禁書」について調べたさまざまなデータ、作品制作のコンセプト、「発禁書」に関するエッセイ、作品の写真、新たな表現の規制問題などについてまとめた冊子です。
現在1Fスペースにおいて、福本浩子さんのインスタレーション作品「Under The Library」を展示しています。
ぜひ本書と合わせて、作品をご覧ください。

■禁書と壁

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ 福本浩子

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - BOOKLUCK

BOOKLUCK

誰かに料理を作るみたいに本を作ることが出来たなら…。
どこにいるのか分からない‘誰かさん’のためではなく、そこにいる誰かのことを、こよなく思いめぐらせながら作る本こそ、あまたの人に強く深く届くメッセージとなる。そんな「プライベート・サムシング」をかたちにするリトルプレスのレーベルです。
ちょっと気になる表紙や装丁に誘われて手に取ってみると、キラキラした文章や写真が拡っている…そんな素敵な本ばかりです。

■spring has coat|EEL(EASY EARL LIFE)
春にコートを羽織る
■TRANSIENT|金 玖美
写真家・金 玖美がイギリス滞在中に撮りためた6×6の風景
■LOOPHOLE|東奏秀
2006年に訪れたチェコの村を撮り下ろした作品の中から再編集
■BEAUTIFUL MOMENTS
ささやかなプライベートの話を、たくさんの写真とともに構成したエピソードブック
■SOME TENDERNESS
福岡の外れに実在するカフェをめぐる、ささやかだけど胸を突く、エピソードブック
■大年 刺繍の村から
中国・刺繍の村へ、旅の記憶をやさしく包み込む。
■大年と大阪をつなぐ
中国・刺繍の村に贈られた宝物
■Base vol.1|相場正一郎
「LIFE」オーナーシェフ・相場氏の生活スタイルとパーソナリティ
■take away souvenir
旅でいちばん楽しいのは、誰かのためにおみやげを選んでいる時…
■GRAPHIC LAB
ものづくりにおいて経たいろいろな実験を「本」というメディアに応用
■unseen|Takao Niikura
世界中を旅しながら、各地でのアートワークを手がけている新倉孝雄氏の作品集

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ BOOKLUCK

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - Art-Phil

Art-Phil

アート、哲学、社会の円環において、“アート発のカルチャー誌”としてブックレット「Repli(ルプリ)」を展開。
アートに内在する詩を読解し、哲学的な世界観を抽出し、社会における多様なコミュニケーションを形成することを主要なテーマとしています。
Repliを読むと、アートに対する接し方、距離感が変わってくるかもしれません。

■Repli Vol.02|colors 桜色/緑光浴
特集|村山修二郎
■Repli Vol.01|Delicate Monster
特集|石塚智寿

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ Art-Phil

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - SPORE

SPORE

SPORE(スポア)とは、英語でキノコの「胞子」のことです。
胞子を振りまいて、キノコが仲間をふやすように、キノコファンの輪が広がることを、願ってつけられました。
きのこにまつわる、エッセイ・イラスト・漫画・日記・小説・短歌などなど…一冊まるごと「きのこ」の冊子。
きのこ好きに人気です。

■きのこる。23号
最新号
■きのこる。1-4号セット
きのこる。1-4号までをまとめた合本。

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ SPORE

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - 季刊誌「日々」

季刊誌「日々」

丁寧でいて、本当に幸せで豊かな日々を過ごすための小冊子、「日々」。
日々の暮らしを見つめ直し、少しずつでも良いから変えてみようかなというきっかけが、見つかりそうです。
2005年創刊の季刊誌。
長く丁寧に続けていらっしゃる素敵なリトルプレスのひとつです。

■日々 24号
特集|10cmの世界
■日々 23号
特集|自然に包まれて暮らす
■日々 22号
特集|細川亜衣さんの熊本での日々の暮らし
■日々 21号
特集|思い出の宝物
■日々 20号
特集|4人の陶芸家が自分の器をどう使う「暮らしと器」
■日々 19号
特集|伊藤まさこさんが中軽井沢に見つけた素敵なお店とご夫妻に会いに行きました
■日々 18号
特集|緑の風が吹き渡っている林の中、「カフェ ドゥ モロッコ」でモロッコ料理を味わいました
■日々 17号
特集|米沢亜衣さんが訪ねる、作る、島根県・浜田市の食材と魅力
■日々 16号
特集|お気に入りの椅子を見つける旅
■日々 15号
特集|無農薬無化学肥料の野菜作りを始めた石毛恵美さんの日々
■日々 14号
特集|京都・モーネ工房のお菓子と仲間たち
■日々 13号
特集|松長絵菜さんのおくりものものがたり2
■日々 12号
特集|かえるちゃんのカステイラを作ってみたい!
■日々 11号
特集|料理家・飛田和緒さんをガラス作家・艸田正樹さんが案内する冬の金沢
■日々 10号
特集|堀井和子さんのパンケーキ&ホットケーキ
■日々 9号
特集|ふだん使いのうつわ
■日々 7号
特集|九州・福岡の家具作家、村上孝仁さん「ほっこりした家具と生活」
■日々 5号
特集|村上開新堂の山本道子さんが作った「30年前の料理と、今と」
■日々 3号
特集|飛田和緒さんの海辺の暮らし「豊かな自然のなかで」

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ 季刊誌「日々」

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - SunREOR

SunREOR

LOUPEは身の回りの出来事をいつもと一つちがう視点で見つめ、考える、科学雑誌です。
科学雑誌と聞くと、少し躊躇してしまいますが、イラストと写真が沢山添えられていて読みやすく、知って為になる事柄が満載です。
vol.4より絵本仕立てになって、より親しみやすくなりました。

■LOUPE vol.4
特集|たべものの時間
■LOUPE vol.3
特集|眠りと感覚
■LOUPE vol.2
特集|めぐるゴミ
■LOUPE vol.1
特集|花粉

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ SunREOR

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - アラタ・クールハンド

アラタ・クールハンド

第二次大戦後、駐留米兵用に建てられた「米軍ハウス」。今では残存数もわずかになってしまったそれら古い平屋=FLAT HOUSE、その魅力をあますところなく紹介した既刊「FLAT HOUSE LIFE」。
それよりさらに細部を掘り下げ生活提案にまで及ぶ、1号1軒紹介する雑誌「FLAT HOUSE Style」です。
古い家は、不便な事はあるけれども、画一的な新しい家には無い趣、居心地の良さや落ち着ける空間など、FLAT HOUSEに暮らす楽しさを教えてくれています。

■FLAT HOUSE Style 02
小金丸邸
■FLAT HOUSE Style 01
アラタ・クールハンド邸

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ アラタ・クールハンド

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - 大和ちさ

大和ちさ

ショップコーディネート、雑貨デザイン・ディレクション、アンティークバイヤーなど雑貨や骨董に関わるさまざまな仕事をされている雑貨研究家・大和ちさ さんがだされている2冊。
自分の暮らしをセンスアップするような素敵な事柄が、沢山詰まっています。
雑貨好きは手に取ってみたい一冊。

■雑貨と日々の一期一会
雑貨・骨董のコレクションの中でも、好きなものをまとめた一冊
■かわいい暮らしをしながら出来る人と地球にやさしい事
雑貨好きななら知っておきたいエコの話。四季と毎日を楽しみながら、今私たちにできること。
※封筒が作れる型つき

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ 大和ちさ

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - 懐中雑誌ぱなし

懐中雑誌ぱなし

日々の生活と物語と呟きと絵画と音楽と流れていく時間を、ほんの少しだけ掬い取って、懐に入れて持ち歩いて眺める。手帳のような、雑誌のような、それを。
20名以上の執筆陣が、忙しそうな仕事の傍ら、毎月発行しているという怪物雑誌。
今年で4年目に入り、最新号8月号ではもはや40号…今年から執筆陣も増え、ますます充実していきそうです。

■懐中雑誌「ぱなし」2011年8月号
ぱなし最新号・通巻40号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年7月号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年6月号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年5月号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年4月号
ぱなし創刊三周年祈念復興祈念号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年3月号
ぱなし第一期の最後を飾る号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年2月号
■懐中雑誌「ぱなし」2011年1月号
今年からは、月間スケジュールのページも大幅にパワーアップ
■懐中雑誌「ぱなし」2010年12月号
■懐中雑誌「ぱなし」2010年11月号
■懐中雑誌「ぱなし」2010年10月号
通巻30号
■懐中雑誌「ぱなし」2010年9月号

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ 懐中雑誌ぱなし

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

もうひとつの Book Fair - saji

saji

「今日の食事が10年後の私の体を作る」をテーマに、各界のクリエイターたちと、食の大切さ、楽しさ、そして、美しさを表現しています。
一般的な料理の本とははまるきり違うアプローチで、料理を紹介している本です。
このアートブックのような料理本は、気持ちいいぐらいに自由で、楽しい…身体も脳も心も豊かになります。

■saji wagashi
sajiが提案するwagashi (和菓子)のレシピ集
■saji 3.0
Book(2010 issue)
■saji 2.0
Book・ポスター・ステッカー・しおり(2009 issue)
■saji 1.0
Book・ポストカード・ ポスター(2008 issue)

→ もうひとつのBook Fair 詳細
→ saji

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術