Book+ 凱留狗工房

凱留狗工房

構成・綴じ担当quuとレプハド装飾担当の銀房、姉妹ふたりの豆本制作ユニット。

■猫町
萩原朔太郎 著作。
日常に倦んだ病んだ詩人の魂が、表象をめくって奇怪な実像を夢想する幻想小説。
表紙の猫はレフバト細工。1点のみドールアイを使用。
装丁は、作中の一文より着想を得ました。

- 家々の窓口からは、髭の生えた猫の顔が、額縁の中の絵のようにして、大きく浮き出して現れていた。 -

→ Book+ 詳細
→ 凱留狗工房

スポンサーサイト



テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京渋谷初台ブックフェアbook+展示

Book+ Grimm Twins

Book+ Grimm Twins

バルバラ・ラーキと牧田あゆみによるアーティスト・ユニット。
イタリア・日本を中心に、展覧会・書籍出版・アニメーション・舞台芸術等、総合的な文化活動を展開。

■Dall'altra parte del mondo(世界の逆側で)
木から産まれ落ちて、離れ離れになったふたごの女の子の物語。
■MEMORIES FROM UNDERGROUND
「不思議の国のアリス」をモチーフに。
■Alice nel paese delle stoviglie
キッチンの国のアリス。
■Grimms Marchen
「グリム童話」をモチーフに。独特な製本での折本仕立て。
■Le Bosquet du Labyrinthe (迷宮の森)
「迷宮の森」は、ヴェルサイユ庭園の中に造られた三次元的童話です。
■Our Little Friends
色鮮やかな中綴じ絵本。

→ Book+ 詳細
→ Grimm Twins

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京渋谷初台ブックフェアbook+展示

6月の予定

MOTOYA

6月で、MOTOYA Book・Cafe・Galleryは、9周年を迎えます。
この9年で、ずいぶん気温が上がったような6月ですが、それでもまだ緑も美しく、過ごしやすかったりする日がふと訪れたりする季節です。

6/7(水)〜 7/1(土)は、MOTOYA アニバーサリー企画・アーティストブックと手製本のイベント「Book+」を行います。
同時に1Fでは、ツギによる参加型のインスタレーション 「ことばがうまれる」 の展示をします。
※月・火 お休み
※6/17(土)18(日)は17時から ※入場は閉館の30分前まで


6/17(土)、6/18(日)は、製本ワークショップを行います。
※当日は17時~20時営業になりますので、ご注意ください。

Book+ 詳細
製本ワークショップ Basic Course 詳細
製本ワークショップ Step Up Course 詳細

photo:素敵な本屋さんが多い根津界隈で見つけた大きな木。
お近くに訪れることがあれば、探してみてくださいね。

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京渋谷初台ブックフェアbook展示