製本ワークショップ -第4回「布とリボンでつくる本」

製本ワークショップ1/22(日)に行った製本ワークショップ 第4回「布とリボンでつくる本」の模様を紹介します。

最初に、中身のノート部分となる用紙を半分に折り4枚ずつの7セット作ります。
ガイドに沿って目打ちで綴じ穴をあけます。

製本ワークショップ簡易かがり台にリボンをとめて、ノートを1セットずつ置き、糸でかがっていきます。

製本ワークショップ表紙となる麻布をフランス装で折り込み、リボンを通す切り込みを入れ、リボンを表紙に通します。

製本ワークショップ完成です!
津村先生オススメの側面の写真を撮らせて頂きました。

製本ワークショップ【道具MEMO】
毎回、3時間という短い時間で1冊の本を仕上げるというタイトなスケジュールを可能にするため、先生は色々工夫してくれています。
今回は、綴じ穴やリボンの位置などが一目で分かる手作りの定規。
皆さん、迷わず作業がスムーズに。
そして段ボールを利用した簡易かがり台。
市販の物は、何万もしてしまうようなので、ちょっとやってみたいという人にはハードルが高すぎですよね。
こういう身近な物を利用して出来ることなど、毎回色々紹介してくれています。
どうぞ、気軽に初めてくださいね。

製本ワークショップは、月2回行っています。

 -> 製本ワークショップ詳細


テーマ : 絵本・制作・イラスト - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京 初台 ワークショップ 製本 ブックカフェ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)