もうひとつのBook Fair 『暮す』 9/26(水)~9/30(日)

もうひとつのBook Fair 「暮す」

リトルプレスの季刊誌の中でも多いのが、暮らしに関する
その分、充実した内容の冊子が多いように思います。
ここでは、その中でも日々の暮らしがキラキラ輝いているようなを集めました。
あなたの暮らしがもっと楽しくなる「何か」を探しにきてください。


サルビア■季刊サルビア vol.26
まいにち使いたくなるふろしき
■季刊サルビア vol.25
サルビアの下町おさんぽ案内ー馬喰町・蔵前・浅草ー
■季刊サルビア vol.24
ゴム版でパターンをつくる
■季刊サルビア vol.23
stock! stock! stock!  紙の箱が好きな人へ
■季刊サルビア vol.22
オープン・スクリーンでつくるテキスタイル
■季刊サルビア vol.21
サルビア給食室 四季おりおりの料理
■季刊サルビア vol.6
東京 長野・美篶堂のができるまで

年4回発行されて、最新号はvol.26になる季刊誌サルビア。
昔のバックナンバーをふと見てみても、古さを感じる事無く楽しめてしまうのは、流行に左右される事無く、良い物を伝え続けているのだからだと思います。

サルビア


「木曜日」編集部■「木曜日」創刊号
特集|シンプルでおいしい献立

木曜日…それは1週間の後半のはじまり。
どんなに忙しくても、どんなにやる気がなくても、木曜日だけは、ゆっくりと自分の暮らしと向き合ってほしい…。
そんな思いで、暮らしのしおり「木曜日」をつくりました。
木曜日がちゃんとできれば、きっとその1週間は素敵に変わるはず。

今年の5月に創刊された「木曜日」。
手に取ってみると、押し付けがましくないその素敵な提案に、自然と乗ってみようかなという気分にさせられます。

「木曜日」編集部


WINDCHIME BOOKS■夾竹桃の花が揺れる頃に|玉井恵美子
SEWING TABLE COFFEEの店主・玉井美惠子さんの日々の記録と裏庭から眺めた、たくさんの繕いの風景です。
■coyaの|根きこ/西郡潤士
フードコーディネーター・根きこが、夫・潤君の撮る写真 と共に、coyaの隅々に巡らされた眼差しの全てを語り、紡いだ散文集。
■ボタンとリボン vol.5
新しい雲の作り方
綴じ込み付録「works --永井宏の雲--」(丹治史彦 編)
■ボタンとリボン vol.4
掃除をしながら考えた
■ボタンとリボン vol.3
words picnic
■ボタンとリボン vol.2
笑顔の順番

何気ない日常の風景の中にも、特別な何かがある事を気がつかせてくれます。
自分の暮らしをそっと、描いてみるのも良いかもしれません。

WINDCHIME BOOKS


アトリエ ノワイヨ■SOLEIL et LUNE III
特集|パン
■SOLEIL et LUNE II
特集|文房具
■SOLEIL et LUNE I
特集|お茶

仙台で、エピスリー・ヴェジタリアンカフェ・ハーブショップ&スクールをやられているアトリエ ノワイヨさんが発行されている、シンプルに丁寧に暮らすためのリトルプレス

毎号特集されている記事は、さまざまな角度からの切り口で、広く、そして奥深い内容となっていて、色々な興味・好奇心を満足させてくれます。

アトリエ ノワイヨ


SunREOR■LOUPE vol.4
特集|たべものの時間
■LOUPE vol.3
特集|眠りと感覚
■LOUPE vol.2
特集|めぐるゴミ
■LOUPE vol.1
特集|花粉

LOUPEは身の回りの出来事をいつもと一つちがう視点で見つめ、考える、科学雑誌です。

科学雑誌というと難しそうに感じてしまいますが、LOUPEは、普段の暮らしに寄り添う身近なテーマをきっかけとして、知って得する・ためになる知識を、逆に分かりやすく教えてくれています。

SunREOR


 → もうひとつのBook Fair 詳細

フェア期間中、出展品は全点展示販売していますので、「暮す」のテーマの週に都合の悪い方も、他の週に是非いらしてください。

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京 初台 ギャラリー ブックカフェ 展示 book リトルプレス ブックフェア

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)