製本ワークショップ終了しました

製本ワークショップ
第8回 製本ワークショップ(初級コース)「コプト綴じの本」終了しました。
コプト教の人(エジプトのキリスト教徒)が冊子をまとめる際に用いた事にちなんで、コプト式と呼ばれているそうで、最古の綴じ方になります。
それだけあって、綴じ方は複雑です…糸綴じの中で一番難しいのでは…と思うのですが。
技術の進歩とともに、余り使われなくなっていくコプト綴じですが、背中にできるチェーン模様が印象的なので、装飾的に使用される方もいらっしゃるようです。
手づくりならではの本という感じで、素敵ですよ。

製本ワークショップ
第7回 製本ワークショップ(中級コース)「マルチファイル」終了しました。 
初級では第1回で行った「マルチファイル」の中級編になります。
角や背にのみ布を使用しているのは、昔は革を使用していたそうですが、高価だったので、全面には使えず、痛みやすい部分のみ使用したので、このような形になったそうなのです。(出席簿思い出します)このように、機能を備えたデザインというものには、いつも無条件に惹かれます。
中級では今までのおさらいを含めて、中綴じ、布ばりなど、色々な製本方法を行いました。
はじめて習ったときよりは、少しうまくなった自分を感じつつ…(?)来月からは、いよいよ2ヶ月コースで、より本格的な製本を習っていきます。

製本ワークショップは、初級コース、中級コースそれぞれ月1回行っています。
詳しくは下記をご覧下さい。

-> 製本ワークショップ初級コース詳細
-> 製本ワークショップ中級コース詳細

テーマ : 習い事 - ジャンル : 学校・教育

TAG : 東京 初台 製本 ワークショップ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)