Book+ 凱留狗工房

凱留狗工房

構成・綴じ担当quuとレプハド装飾担当の銀房、姉妹ふたりの豆本制作ユニット。

■猫町
萩原朔太郎 著作。
日常に倦んだ病んだ詩人の魂が、表象をめくって奇怪な実像を夢想する幻想小説。
表紙の猫はレフバト細工。1点のみドールアイを使用。
装丁は、作中の一文より着想を得ました。

- 家々の窓口からは、髭の生えた猫の顔が、額縁の中の絵のようにして、大きく浮き出して現れていた。 -

→ Book+ 詳細
→ 凱留狗工房

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京 渋谷 初台 ブックフェア book+ 展示

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)