Book+ 森本 歩子

森本 歩子

自作の詩や短編を豆本で表現しています。

■想いを月に
月を巡る、子どもの頃の思い出と新たな出会いの物語。
表紙はパステルで手彩色、見返しにも彩色した紙片を、葉っぱや花びらのように散らしています。

■扉を見つけたら
壁のタイルの中に入り込んだ人を追いかけていくと、たどり着いた場所は・・・
このような世界があると良いなと思わされるような不思議な話。
物語の展開にあわせて、中綴じと折本を混ぜた装丁にしています。

→ Book+ 詳細
→ 森本 歩子

テーマ : 展示会、イベントの情報 - ジャンル : 学問・文化・芸術

TAG : 東京 渋谷 初台 ブックフェア book+ 展示

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)