武井武雄刊本作品の世界

武井武雄刊本作品の世界

版画家・童画家として知られる武井武雄(1952年6月25日〜1983年2月7日)は、小型本書物アートのシリーズ「武井武雄刊本作品」(全139点)を、生涯かけて制作しました。

ステンドグラスや磁器などで特注制作した挿絵が盛り込まれたり、友禅染やゴブラン織などの特殊技法で仕立てた作品群は、その稀少性と美しさから「本の宝石」と呼ばれています。

この会では、これらの実物60余点を、解説つきでご紹介します。

解説 :田中栞
日時 :
2017年11月18日(土)
第1回 - 12:30~14:00 / 第2回 - 15:00~16:30 / 第3回 - 17:30~19:00
2017年11月19日(日)
第1回 - 12:30~14:00 / 第2回 - 15:00~16:30 / 第3回 - 17:30~19:00
参加費:
¥1,500/回
¥4,000/日(1日通し料金 3回分)
※各回、資料のお土産つき。
定員 :10名/回(予約制)

 -> 武井武雄刊本作品の世界 詳細&お申し込み

TAG : 東京 渋谷 初台 武井武雄刊本作品

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)