手づくり本フェア 辻 恵子

辻恵子

印刷物などに元々ある色を活かし、はさみで人物などを切り出す独自な手法の切り絵作家・辻恵子さんの4作品。
■ぞうさんぽ
6年ぶりに手づくりの豆本を作って下さいました。
ひもの先についている象が可愛らしい絵本です。簡単そうに見えて、とても丁寧に作られています。内容は、実際に手に取ってお楽しみ下さい。
■まるをつくる
色々な「モノ」でつくる「まる」のつくり方の絵本。
子供に持たせたい一冊です。
■かくれたかたち 1 2 3
■マークのなかにかくれたかたち
辻さんの切り絵の面白さが伝わってくる2冊の絵本。
「かくれたかたち 1 2 3」は数字から、「マークのなかにかくれたかたち」は音符や矢印、標識などから、可愛らしい人が切り出されています。
新聞や包装紙など何気ないものを見ている時にでも、普通の人には見えない隠れたカタチが、辻さんには見えているのではないでしょうか…。

辻さんは、東京・三軒茶屋の生活工房での「オリッサ・オディッシー」展(6/13まで)に参加、東京・谷中の2会場で「しょくぶつえんのまいご」絵本原画展(7/1より)を開催されます。
詳細は、下記よりご確認下さい。

→ 手づくり本フェア詳細
→ 辻 恵子
→ オリッサ・オディッシー
→ 「しょくぶつえんのまいご」絵本原画展

テーマ : アートイベント - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)